Amazonエコーのその後

さてさて、amazonエコーのその後ですが、すっかり横に鎮座する昔ながらのオーディオ+JWAVEのかけ流しに負けてしまい、社内でポツンとしてます。きたばかりの頃は、面白がってみんなで声をかけてましたが、期待していただけにロスト効果も大きく、気が付くと1週間立ち上げていないということもザラです。聞きたい音楽を流したいときは、iphoneをオーディオに刺してSpotifyで聴いたほうが便利かなと。アレクサに「ハウスかけて!」ってオーダーした時の選曲がいまいち気分とマッチしないんですよね。そりゃそうだって話ですが。苦笑。

それから天気を聞くだけでも時間がかかります。「今日の天気は?」と聞いて、天気を読み上げるのが終わるまでにかかる時間は計測してみたところ約16秒ほどで、スマホだと立ち上げてヤフーの天気アプリを立ち上げるだけなので、約4秒で完了でした。

以前にも似たようなことを書きましたが、候補が複数ある場合、例えば、この辺の美味しいレストラン教えて!と聞くとひとつひとつ読み上げられてしまうこと、加えて「あっ?いまなんつった?」ってなるのと、更に、「連絡先はアレクサアプリで確認してください!」(T_T)とか言われてしまうので、ほぼ使い物になりません。というのが、率直な感想です。購入前にコレを絶賛してる記事を何度かみかけた気がするのですが、執筆者は何がそんなに良いと思ったのか不思議なくらいです。(それに、ちゃんと釣られてしまい情けない限りですがw)

日産のNOTEに実装されているワンペダルドライブは、試乗して300mで久しぶりに「この車、凄い!超欲しい!」と思ったんですが、そういった感動があるに違いないと期待していただけに、ちょっと残念です。

じゃー、どういうシーンだったら活躍するのか、ちょっと考えてみたんですが、「何かしながら・・・」がポイントな気がします。例えば、朝ごはんを食べながらとか車を運転しながらという感じです。スマホを取り出すのが面倒くさい、オーディオやTVのリモコンまで歩いていくのも面倒くさい、そういう慌ただしい時や手を離せない時には活躍しそうだなと。言うまでもなく、会社でそんなに慌ただしくしていることや手が離せないというシチュエーション自体が稀ですし、そうなってるときは、音楽だの天気だのって状況ではないので、やっぱり放置されそうではありますが。

Comments are closed.