会社にAlexaがやってきましたよ

2018年はスマートスピーカーが流行るらしい。ということで、早速テストをかねてamazon Echoを購入してみました。

実際に使ってみる前は、音声入力って、こっ恥ずかしいんじゃない?と先入観をもっていましたが、使ってみた感じでは、そうでもなかったです。それよりもキーボードやタッチパネルで操作するより音声入力のほうが手軽で便利という印象が強いのと、自分の声に機械が反応してオーダーを聞いてくれる感覚が新鮮でした。(siriは、なかなか日常で使う気にまではならず・・・汗)

ただ、ペアリングしているスマホで他のアプリを立ち上げたり、何かしようとするとそっちの通信が優先されてしまうのか音楽も止まってしまい、ズッコケたりもします。

また、現時点では「アレクサ、ラーメン食べたいんだけど・・・」と伝えると、amazonで「ラーメン」を検索した結果が音声で返ってくる感じの仕様になっているようで、「〇〇食品ほにゃららラーメンXパックセットが見つかりました。購入しますか?」的な回答がややしつこく返ってきます。^^;音声で一商品づつ案内されるので、まどろっこしく、何かを購入しようとする場合には、まだスマホアプリのほうに分がありそうです。

また、このやり取りを通じて感じたこととしては、音声のみの購買促進で、ビジュアルがないので新しく知らない商品を購入したりする気分には到底ならないだろうなとも思いました。食品でいうとシズル感がまるで感じられないというか。。なのでスマートスピーカーの次は、スマートTVのようなもの、またはスマートTV化する進化したファイアTVのようなものがでてきてスマートスピーカーの役割は、割と早く終わるんじゃないかなとも思った次第です。

それから音質が、、やはり見た目通り物足りない感じです。音に伸びがないというか籠った感じは否めないので音楽を楽しむぞ!という用途では、ちょっとXXXかなぁというのが率直な感想です。
スピーカーなのにスピーカーは要らないから会社のオーディオから音を出せたら、、というなんとも微妙なポジションにいるアレクサですが、今後の発展に期待したいと思います。

Comments are closed.